「あなたのクローゼットにいつまでも」 都内初新鋭ニットブランド Myclo の挑戦

Myclo 細川信吾 氏 インタビュー

普段愛用されているストリートファッションというジャンルだけではなく、業界自体を変えたいという想いから新ブランド立ち上げに携わってきた細川氏。そこにはどんな想いが込められているのでしょうか。

ー “Myclo”というブランドネームの由来とそのブランドへ懸けるメンバーの想いはどの様なものがありますか?

Myclo 細川信吾 氏(以下、細川): Myclo (マイクロ)というネームは My Closet という言葉からできたブランドネームです。

ブランドとしてのコンセプトもお話させて頂きますが、“着て頂く方のクローゼットにいつまでも”あり続けられる商品作りを目指し、このブランドネームにしました。

また、私自身を含め、携わっているメンバーはニット・カットソーに長年携わってきたメンバーが多いので、単品だからこその強み(といってもコーディネート提案は不可欠ですが)を最大限に活かすため、Mycloも構成比率的にはニットのシェアを高くしています。


1.Wholegarment Cocoon P/O ¥15,000 2月末発売予定

展示会でも大好評だった、ホールガーメント(無縫製)のコクーンシルエットのプルオーバー。ホールガーメントならではの着やすさは勿論、トレンドの抜け感のあるスタイリングもでき、1枚でオシャレに決まるアイテムです。

ー ではブランドコンセプトについてお聞かせください。

細川: 一般的なブランディングは明確なコンセプト(=テイスト)を決めて、ターゲットの設定を行うと思いますが、Mycloはテイストなどのコンセプトは定めておらず、先程お話させて頂きましたように、多くの方のクローゼットに在り続けられるブランドを目指しています。そこが特徴でもありますね。


2. Lace Up Sleeveless P/O ¥16,000

トレンドのレースアップをサイドに施したデザイン。素材はギマの様な肌触りのペーパー素材を使用しています。

細川: また、シーズンごとのテーマ設定は勿論行いますが、常にテーマも1つではなく最低2つ以上設定して商品への落とし込みを行っています。そうすることで一人の方のクローゼットの中に様々なテイストの商品が入る事になります。

例えば、今日はモードっぽく、今日は女性らしく、その日の気分も千差万別だと思いますので、そういったものにいつも対応できるブランドを目指しています。

ー 今現在はどんな方に喜ばれてらっしゃいますでしょうか?また、どんな方に着て頂きたいですか?

細川: ノージェンダー、エイジレス。どんどんボーダレスになってきている時代だと思いますのでオシャレを楽しむ全ての方に、Mycloを知って頂きたいですし、そういったブランドにしていきたいと精一杯私達も考えています。


3. Sleeveless Ribbon P/O ¥15,000

スカート合わせの甘めのコーディネートにもモノトーンのモードな雰囲気のコーディネートにもお使い頂けるトップスです!

ー 今後の商品展開やブランドとして目指している物はありますか?

細川: ニット中心の構成ですので2017F/Wはもっとニットの良さを最大限に活かせる商品、今はレディースが中心ですがメンズライクな商品などもラインナップに入れていきたいと考えています。

私達が目指しているのは他ブランドにはないモノをMycloが常に考え、創り続けることですので、そこをこれからもずっと目指していきます。

ー 読者の方へメッセージを一言お願いします。

細川: まだスタートしたばかりのブランドですが、今後面白い展開をどんどん増やしてまいりますので是非楽しみにしていてください。よろしくお願い致します!

ファッションブランド:Myclo(K.Ambiente株式会社)
公式HP: www.myclo-official.com/
Facebook: www.facebook.com/myclo1108/
Twitter: twitter.com/Myclo_Official
Instagram: www.instagram.com/myclo_official/